弁護士はあまりしない

Pocket

売掛金回収を行う方法は幾つもありますが、それら全てをしないといけないわけではないです。特に弁護士は依頼をされればするにはしますが、やはり弁護士的に効率が悪いからしないという方法が幾つかあります。その中に支払督促があります。どうしてそれをしないかについて説明していきます。

支払督促ですが、裁判所に依頼をして相手に送ってもらうことができ、とても簡単です。そして、上手くすれば強制執行などのメリットも出てくることもあります。しかし、多くの弁護士がこれをしない理由というのがあります。まず、相手から異議を出された時に弱いというのがあります。支払督促は基本的に細かな調査を行いません。ですから、相手から異議が出てしまうとそれだけで支払督促が無効になってしまいます。

また、異議が出された場合そのまま裁判となることが多く、準備不十分が発生することあり返って大変なことになる場合があります。そして、裁判をこちらから拒否することは出来ません。ですから、する場合はこのような状態も考えてする必要があります。

そして時間と費用がかなりかかることになります。裁判を行うのですからその分の費用がかかりますし、支払督促で簡単に済ませようと思った人にとっては裁判の時間が大きくのしかかって来ることになります。この点も考えて弁護士はあまりこれをしたがりません。しかし、最初にも言ったように簡単にでき、2週間という待ちが必要であれば強制執行が出来るかもしれないものですから、リスクを考えつつやってみるのも良いかもしれません。

 

強制力について

支払督促による売掛金回収の場合、どのくらい相手に強制力があるのかについて簡単に説明していきます。確かに失敗すると大きなリスクはありますが、成功すればかなり大きなメリットになりますので、上手く利用するようにしてください。

まず支払督促ですが、非常に簡単にすることができ、基本的に裁判所に申請をすることですることが出来ます。しかし、注意点としてはその時点での強制力自体はそこまで高くありません。相手は拒否することも可能ですし、あくまでも書面上のものですからあまり強制力がありません。拒否される際もやり方次第では非常に厄介なことになることもあります。

しかし、2週間なにも音沙汰がない場合、強制執行の許可が獲得することが出来ます。そうなれば、強制力は裁判に勝ったと同じくらいのものを獲得することが出来ます。そうなれば、売掛金回収もかなり楽になるでしょう。ただし、強制力が高くても相手の方に返済できるだけのものがない場合もありますので注意です。それでも強制力というのが獲得できるので、やり方によっては便利な方法になるでしょう。

このように売掛金回収の支払督促は、デメリットもありますが大きなメリットを獲得できる場合があります。ですから、よく考えて利用するようにしてください。

簡単な売掛金回収

Pocket

売掛金回収の方法の1つとして支払督促というのがあります。もしかするとあまり聞かない人もいるかもしれません。当サイトでは売掛金回収の支払督促について紹介していきますので参考にしてください。

支払督促というのは何かというと簡単に言えば裁判所から出してもらう内容証明郵便のようなものです。裁判所から請求書を出してもらう制度で、裁判所に依頼をすることで事情聴取などを行わずに書面を相手に送りつける事ができる方法となります。とても簡単な売掛金回収方法であり、これで回収ができれば相当楽です。

問題点としては中身が間違っており相手からの反論が来る場合があります。そうなると一気に訴訟まで発生することがあります。もっと段階的に行いたい場合はあまりおすすめしない状態になる場合もあります。ですが、裁判所が絡んでいるという精神的な圧力を相手に与えることが出来ます。

支払督促はあくまでも売掛金回収のためのものですので、商品を引き渡せなどの請求は出来ないので注意です。ですから、金銭面のことを考えてする必要があります。また、金額の請求ですが、相手の合意が必要になりますのでその点注意してください。

相手が督促疑義を2週間経過しても申立せずにいる場合、仮執行宣言の申立をすることが出来ます。これにより、強制執行の許可を取得することになります。この強制執行は本来なら裁判などに勝たないといけないものですが、それをせずに獲得できるということもあり、人によってはメリットが大きくはあります。ただし、条件付きであることを忘れないようにしてください。